So-net無料ブログ作成

平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)

 江戸時代初期ごろに中国から日本に伝わったとされていたサルスベリの花粉が、京都府宇治市の平等院鳳凰(ほうおう)堂にある阿字(あじ)池に堆積(たいせき)した940年(平安時代中期)ごろの地層から発見された。平等院が24日、発表した。

 通説より600年以上も前から植栽されていたことになり、平等院にある系統が現存する最古のものである可能性が高まった。平等院は「藤原道長、頼通親子が愛でていたかも」と話している。

 この調査や分析にあたったのは、京都府立大の高原光教授(森林科学)。平成21年9月、鳳凰堂の東側にある阿字池で、堆積層(790年以降)の一部を深さ68センチ、直径8センチにわたり採取。各地層に含まれていた花粉の放射性炭素測定や分析などをした結果、940年ごろ以降の地層で、継続的にサルスベリの花粉を検出した。

 サルスベリは中国南部原産の落葉高木で、7〜10月に花を咲かせる。文献などから、通説では江戸時代初期ごろに伝わったとされていたが、今回の調査で渡来時期が大幅にさかのぼることになる。

 また、サルスベリの花粉の飛散距離は数百メートル以内であることなどから、阿字池の南側に植栽されているサルスベリが、最古の系統になる可能性もあるとしている。

 京都造形芸術大の仲●(=隆の生の上に一)裕教授(日本庭園史・遺跡整備)は「阿字池には平安時代以前からの堆積土が残されており、当時の環境をうかがい知る貴重な資料。特に、サルスベリが植栽されていたと推定されることは興味深い」と話している。

【関連記事】
平等院の扉絵修理に新技術 魚の浮袋や内臓などを活用
またアライグマ? 二条城で動物のひっかき傷
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現
平等院や長岡京跡地を訪問 京都滞在の両陛下
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院
虐待が子供に与える「傷」とは?

<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
奥田民生 前代未聞のひとりレコーディングライブツアーを開始!
臍帯血バンク存続危機 赤字拡大 宮城で表面化(産経新聞)
小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
今度は「麗子」像! 傾く=両さん壊されたばかり―東京・亀有(時事通信)

走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」−国交省(時事通信)

 「静か過ぎて気付かず危険」と指摘されるハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)。国土交通省は10日、接近を知らせる走行音を出す装置を付けた試作車の体験会を、東京都内の自動車学校で開き、視覚障害者らに聞いてもらった。
 同省は1月、HV、EVと燃料電池車の「車両接近通報装置」のガイドラインを公表。時速20キロまでの低速時と後退時、エンジンやモーターに似た音が自動的に出るようにすると定め、任意装着を促している。
 これを受け、各社は接近音を開発。「175ヘルツと235ヘルツの和音に認知性を高めるためうなりを加えた」(トヨタ自動車)、「小さいが聞こえやすい高周波と距離感を感じやすい低周波の音を組み合わせた」(三菱自動車)という。
 体験会では、通報装置を付けたトヨタのHVプリウス、三菱のEVアイ・ミーブ、日産自動車のEV試作車がいったん停止した後に発進したり、ガソリン車の後を追走したりした。
 参加した日本盲人会連合会長の笹川吉彦さん(76)は「3社とも分かりやすい音だった。ただ、ほかの車の騒音と一緒になると聞き取りにくいと思う。すでに走っているHVやEVにどう対応するのか気掛かりだ」と指摘。盲導犬を連れた愛沢法子さん(54)は「電車や工事の音がしても、車がいることが何となく分かった。聴力が弱い高齢者らは聞こえないかもしれない」と話した。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ自動車「プリウス プラグインハイブリッド」
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
富士機工、11年3月期は減収増益=下期以降の見通し不透明
4月新車販売、24%増=前年の反動や政府支援策で

入管 収容者が待遇改善求めハンスト 今月10日から(毎日新聞)
口蹄疫問題にネットの怒り 募金活動に800万円集まる(J-CASTニュース)
普天間「政治的には5月末で決着だ」政府強弁(読売新聞)
握り心地ふんわりでも、トガり続けるシャープペン
トヨタ社長 「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)

ショパン166曲を1日で演奏=ピアニストの横山さんがギネス挑戦(時事通信)

 今年生誕200年のショパンのピアノソロ全166曲を、ピアニストの横山幸雄さん(39)が1日で弾くコンサート(TOKYO FM主催)が4日、東京オペラシティ(新宿区)で開かれ、同局の番組で生中継された。ギネス世界記録で24時間以内に一芸術家が演奏した最多曲数となる。
 コンサートは午前9時から深夜1時ごろまで休憩も含め約16時間。横山さんはショパンの生涯をたどるようにほぼ年代順に、マズルカやノクターン、前奏曲などを熱演、聴衆の喝采(かっさい)を浴びた。
 横山さんは1990年、ショパン国際コンクールに日本人として最年少で入賞後、国内外で活躍している。 

胸に刺し傷の重体女性が死亡 横浜(産経新聞)
当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
クロマグロ騒動…元凶は日本人の異常な食欲(産経新聞)
「世界最高齢」114歳女性死去(産経新聞)
広島市長 2020年までの核廃絶、米で協力呼び掛け(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。